公認会計士になるには

公認会計士を目指す方の中には、働きながら、あるいは子育てを終えて社会復帰を目指す方、転職を考える方等、学生以外の方も多くおられます。公認会計士とは名前を知っていても、どのような資格が必要で、どのような仕事をするのか、あまり知られていません。資格を持つことでどのようなキャリアアップを目指すことができるのか、今後興味を持たれる方の為にも紹介したいと思います。

公認会計士になる為には、公認会計士試験を受けて合格し、国家資格をとる必要があります。受験するにあたり特別な条件はなく、年齢、学歴等関係なく受験することが可能ですが、司法試験に並び、日本の三大国家資格と言われる程難関とされています。その資格を持つことで、財務諸表の監査業務に関わることができる唯一の職種と法律上認められており、就職にも強いとされ高い人気を誇る職種として毎年多くの人がこの難関試験に挑んでいます。

合格した暁には、独立や開業を目指し、会計分野のプロフェッショナルとして社会的な信用はもちろん、社会的地位も保証されますので、大変お勧めの国家資格です。しかしながら、先述したように、資格取得には難しい試験を突破する必要がありますので、計画的、かつ効率的に勉強をしなければなりません。その為にも、公認会計士という仕事について、また、公認会計士の試験合格までの道のりについて、その勉強時間とは、攻略する手段等について説明していきます。ぜひ参考にしてみてください。