公認会計士の仕事とは

公認会計士の国家資格を持つことでできる仕事について説明します。公認会計士の代表的な仕事として監査業務があります。監査とは、企業の収入や支出が記載された財務諸表に不正や謝りがないかをチェックする業務になります。企業から独立した第三者的立場から経営状況を徹底的に監査することで、企業からの決算書に偽りがないかを確認することで、いわゆる「粉飾決算」を防ぐことになります。

日本を代表とする大企業が粉飾決算をしていた場合、株主は偽りの決算書に基いて投資を行うことになる為、大きな損失や日本の経済活動に混乱を起こしかねません。それを防ぐ為の監査業務とは、日本経済にとって大切な役割を担っていることになります。

その他の仕事として、税務書類の作成・大里申告等、本来税理士が行う業務においても行うことができます。公認会計士の資格を持つことで、税理士登録をすることができますので、税務業務をも行うことが可能となります。

他にも、奇病の経営や会計に関する様々なサポートやアドバイスを行うコンサルティング業務、ベンチャー企業が株式上場をする場合にサポートする業務、企業内における内部統制監査等が挙げられます。今後ますます活躍する場が増えると考えられます。