社会人講座について

公認会計士の国家資格合格の道のりは大変難関ですので、一般的に、受験者が筆記試験合格までにかかる勉強時間は2~3年程度とされていますが、公認会計士を目指すと決めてから資格をとって登録に至るまでには5年程かかることになります。つまり、長期的な計画を立てる必要があり、いかに効率良く勉強できるかで、公認会計士の試験合格は大きく左右されます。

お金をかけず、独学での合格を目指すと思われている方もおられるかもしれませんが、あまり現実的ではありません。そこでお勧めの勉強法として、社会人講座の利用があります。

社会人が国家資格をとるには時間をいかに上手に使って勉強するかが鍵になりますので、その点を上手くサポートできるように考えられた、社会人に特化して組まれている講座を利用することで、空いた時間やインターネット、DVDを用いた講座で賢く効率的に勉強できるようになっています。試験合格には、いかにモチベーションを高いまま維持できるかが大切なポイントです。

社会人の人でも理解できるように作られた独自テキストや授業内容を準備している社会人講座を活用し、合格までの道のりをできるだけ短くすることが可能となります。受験をしてみようと思われる方は、ぜひ検索してみてください。

参考|公認会計士の社会人講座『資格の大原』


試験合格までの道のり

公認会計士の国家資格試験に合格するまでの道のりについて、いくつかのステップがあります。第一段階として、毎年行われる公認会計士の筆記試験があります。試験内容は、マークシート形式である短答式試験と、記述式である論文式試験の2種類があり、まず短答式試験に合格しなければ、次の論文式試験に進むことができません。この筆記試験においては、主に会計に関するあらゆる分野の知識が必要とされます。

必須科目として、会計学監査論企業法租税法の4科目があり、他にも経営学、経済学、民法、統計学の中から1科目選択となります。この筆記試験の合格率は大変厳しく、しっかりと事前対策をしてのぞむ必要があります。

筆記試験に合格し、第二段階のステップへ進みます。それは現場での二年以上の実務経験であり、監査法人や企業で会計を専門的に扱っている部署に就職し、実際の仕事をすることで公認会計士として実践的な経験を積み、技術を身につけなければいけません。

実務経験修了後、最後のステップとして日本公認会計士協会が行う修了試験が待っています。この筆記試験に合格することでようやく公認会計士として登録することが可能となります。このように、公認会計士になるまでには多くの勉強時間が必要になります。


公認会計士の仕事とは

公認会計士の国家資格を持つことでできる仕事について説明します。公認会計士の代表的な仕事として監査業務があります。監査とは、企業の収入や支出が記載された財務諸表に不正や謝りがないかをチェックする業務になります。企業から独立した第三者的立場から経営状況を徹底的に監査することで、企業からの決算書に偽りがないかを確認することで、いわゆる「粉飾決算」を防ぐことになります。

日本を代表とする大企業が粉飾決算をしていた場合、株主は偽りの決算書に基いて投資を行うことになる為、大きな損失や日本の経済活動に混乱を起こしかねません。それを防ぐ為の監査業務とは、日本経済にとって大切な役割を担っていることになります。

その他の仕事として、税務書類の作成・大里申告等、本来税理士が行う業務においても行うことができます。公認会計士の資格を持つことで、税理士登録をすることができますので、税務業務をも行うことが可能となります。

他にも、奇病の経営や会計に関する様々なサポートやアドバイスを行うコンサルティング業務、ベンチャー企業が株式上場をする場合にサポートする業務、企業内における内部統制監査等が挙げられます。今後ますます活躍する場が増えると考えられます。


公認会計士になるには

公認会計士を目指す方の中には、働きながら、あるいは子育てを終えて社会復帰を目指す方、転職を考える方等、学生以外の方も多くおられます。公認会計士とは名前を知っていても、どのような資格が必要で、どのような仕事をするのか、あまり知られていません。資格を持つことでどのようなキャリアアップを目指すことができるのか、今後興味を持たれる方の為にも紹介したいと思います。

公認会計士になる為には、公認会計士試験を受けて合格し、国家資格をとる必要があります。受験するにあたり特別な条件はなく、年齢、学歴等関係なく受験することが可能ですが、司法試験に並び、日本の三大国家資格と言われる程難関とされています。その資格を持つことで、財務諸表の監査業務に関わることができる唯一の職種と法律上認められており、就職にも強いとされ高い人気を誇る職種として毎年多くの人がこの難関試験に挑んでいます。

合格した暁には、独立や開業を目指し、会計分野のプロフェッショナルとして社会的な信用はもちろん、社会的地位も保証されますので、大変お勧めの国家資格です。しかしながら、先述したように、資格取得には難しい試験を突破する必要がありますので、計画的、かつ効率的に勉強をしなければなりません。その為にも、公認会計士という仕事について、また、公認会計士の試験合格までの道のりについて、その勉強時間とは、攻略する手段等について説明していきます。ぜひ参考にしてみてください。